誰でも分かる賃貸事典

今では、当たり前となっているのが、賃貸物件でしょう。
マンションでも戸建てでも、購入が難しい人などが賃貸を選び、日々の暮らしを営んでいます。
所有物件ではないため、気軽な面もあり、それを目的に、賃貸を選び続けている場合も多いようです。
けれども、特定分野があれば、それに見合った言葉や独特のルールが生まれるように、賃貸においても、同様なことがあります。
不動産分野の一部でもあるため、不動産にまつわることになりますが、礼金が典型的な例となるでしょう。
皆さんの中にも、賃貸生活を続け、入居の際には礼金を支払ったことがあるかと思います。
これに対する意味を知っている方は、どれだけいらっしゃるでしょうか?
礼金と名付けられているからには、何らかのお礼のお金となりますが、不動産会社ではなく、オーナーに対するお礼のお金となっています。
始まりは、明治時代の頃のようで、当時の地方の親が、子供が大学に行くということで、下宿先の大家に渡したお礼金が始まりとされています。
むろん、これは諸説の中の一つですが、礼金が不動産分野の慣習のようであることは確かなようです。
法律上では、明文の規定がないのが事実のようです。
しかし、法律一般においては、特定分野の慣習も、法律の一種として解することができ、余程の不合理性がない限り、否定されることは少ないようです。
したがって、礼金が明治時代から脈々と続いて来た要因の一つでもあるようです。
いずれにせよ、知っているつもりのことでも、意外とわかっていないことがあるのが、現実でもあります。
ここでは、経験者にとっては、おさらいのつもりで、賃貸に関する総合的な解説を試みています。
なお、賃貸と言えば、敷金が問題になることがあります。
国土交通省においては、ホームページにおいて、現状回復ガイドラインというページを設けています。
賃貸を利用する前に、目を通しておいても、無駄にはならないかもしれません。

もっと住まい・賃貸を知ろう!

  • A top rated and affordable seo company that delivers real result.

Copyright (C)2017賃貸物件契約ガイド〜必ず目を通すべき項目はこれ〜.All rights reserved.